スキルアップ

【時間がないと感じる人へ】自分の時間を作るために行動したこと

サムネイル

自分の時間がないと感じることはありませんか?

仕事に行ってYouTubeを見て寝る。自分でもこんな生活では成長もなにもないことを知っているのに変えられていない。こんな生活が続いていませんか?

この記事では僕が実際に試してみて効果があった、自分の時間を作る方法についてお話します。

この記事を書いている人

スンシン「コーチングで独立するために学びまくっています(^ ^)」

・現在はフリーター(クレジットカード受付案内)

・前職は信用組合に6年間勤務

・ゲーム、アニメ、散歩が大好き

自分の時間を作るために行動したこと

その①:会社を辞める

その②:テレビを見るのを辞める

その③:YouTubeプレミアムに加入

その④:RPG以外のゲームアプリを削除

この4つは自分の24時間のうちでしめる割合が大きい要素にフォーカスした行動です。

自分の時間を過ごせていないと感じる要素を改善することで、自分の時間を作れると考えました。

その①:会社を辞める

会社を辞めることで体感では自分の時間の8割を取り戻しました

前の会社で働いている時間は自分の時間を過ごせていないと感じていました。

自分の行動が制限され、数多の規則で縛られ、上司に縛られ、ストレスが溜まるだけの時間。

この仕事のストレスは仕事中だけでなく、家に帰った後も休日も思いだすだけでストレスが溜まりました。

時間で換算すると、睡眠時間を除いた活動している時間の8割はこの仕事に自分の時間を奪われていました。

自分の心が満たされず、ストレスと給料を引き換えにしていると感じているのならば一番効果があると思います。

その②:テレビを見るのを辞める

テレビを見るのを辞めることで、情報を受動的から能動的に取得するようになりました

不必要な情報を無意識にインプットすることがなくなったので、無駄なエネルギーを使うことが減りました。

テレビは視聴時間を増やすために、頭のいい人たちが考えた様々な工夫がほどこされています。

テレビを付けた瞬間から自分の時間を奪われていると言っても過言ではないと思います。

テレビは人の無意識に影響を与えてきます。無意識を意識することが自分の時間を作るためには必要です。

その③:YouTubeプレミアムに加入

最近はテレビよりもYouTubeを見る時間の方が長いという人は多いのではないでしょうか。

YouTubeプレミアム一番のメリットは、視聴中の広告が非表示になることです。

広告は通常、自分が取得したい情報ではないと思います。

テレビで広告は非表示にできませんが、YouTubeは広告を非表示にすることができます。

自分が必要ではない情報を遮断することで自分の時間を作ることができます

広告の時間も積み重なれば大きな時間になります。

しっかり対策して、自分の時間を守りましょう。

こちらにYouTubeの活用法をまとめているので、是非参考にしてみてください。

【誰でもできる】効率的に学ぶためのYouTube活用法こんにちはスンシンです 今回は、私が実際に実践している、効率的に学ぶためのYouTube活用法をご紹介していきます その方法...

その④:RPG以外のゲームアプリを削除

RPG以外のゲームを削除することで、スキマ時間にアプリを開くという行動をしないようにしました

RPGはスキマ時間には遊びにくいので、まとまった時間を取れなければアプリを開くこともありません。

最近のスマホゲームはスキマ時間でも遊べるように、対戦時間や1プレイに掛かる時間が短くなっています。

こういったゲームをスマホにダウンロードしないことで、自分の時間を守ります。

ゲームが大好きな僕にとっては、ゲームアプリを全て削除して時間を作るということはできませんでした。

なので、ゲームとの付き合い方を工夫してみました。

現在、僕のスマホにダウンロードされているゲームは「OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者」と「NieR Reincarnation」です。

自分の時間を作るために行動したこと:まとめ

最後にもう一度まとめます。

その①:会社を辞める

その②:テレビを見るのを辞める

その③:YouTubeプレミアムに加入

その④:RPG以外のゲームアプリを削除

会社を辞めた後の数ヶ月は自分の時間ができすぎて、何をすればいいのか分からなくなるくらいでした。

自分の時間ができることで自分について考えることができますし、自分が本当に望んでいることもわかるようになります。

自分の時間を作りたいということは、現状で自分が満たされていないということ。

自分の時間を作って、自分を大切にしてあげてください。

少しでも参考になればうれしいです。