マインド

不安を解消する行動

最近不安と友達になったスンシンです

不安で眠れない時や、不安で体が動かなくなってしまう時ってありますよね

私もあります。今も毎日あります。不安だらけです。不安で考え込みすぎて、帯状疱疹が出るくらい精神的に病んでいた時期もありました

「この不安な気持ちをなんとかしたい!」「心のモヤモヤをなくしてほしい!」そんな方のために、私が実践してみて効果があった方法をご紹介します

不安とはうまく付き合っていきましょう

まず大前提として不安は消えないということを頭に入れましょう。不安は消すものではなく、付き合っていくものです

どうしてそう言えるのかというと、不安は無限にわきでるものだからです

「受験で落ちないかな」「就職できるかな」「仕事についていけるかな」「プレゼンの準備ができていないな」「リストラにあわないかな」「仕事でミスするかも」・・・・・・

お金持ちでも、普通のサラリーマンでも、学生でも、主婦でも、みんなが持っているものが不安です。いつでも隣にいます

不安とうまく付き合っていくという考えで試してみる方が、効果があります

その➀:筋トレをする

とりあえずやってみる

少しでも筋トレをしたら自分をほめる

1㎏変化したら自信になる

筋トレをすれば不安は減ります。続けるほどに減り続けます

私が筋トレをはじめたのは2019年の10月からです。当時はサラリーマンで、将来が不安でした

自己啓発系の本を読んだり、ビジネス系YouTubeチャンネルを見たり、資格の勉強を始めてみたり、不安を取り除くためにいろいろ試していましたがどれも効果がありませんでした

いろいろ試した中で一番効果があったのが筋トレ

はじめたての頃は腕立てを10回×3セットだけをしていました。次の日もまた次の日も続けていくうちに、気持ちがリセットされる感覚がクセになって1週間続きました

この時から体重も増やしていこうとプロテインを飲み始めて、1か月で体重が2㎏増えました。今まで体重が増えずに、細い体がコンプレックスだった私は感動しました

自分でもやればできるという成功体験が自信につながり、不安を減らしてくれます

細いと言われ続けていた僕が体重を7か月で10㎏増やした方法体重を増やすためにはどうすればいいのか? それは「食べること」です。 僕は小学生の頃から痩せ型で、いくら食べても太りませんで...

その②:不安を書き出す

とりあえず書いてみる

書いたものを客観的に読む

悩みから建設的な思考へ変換する

不安は書き出すといいです。頭の中のモヤモヤを思いつくままに書き出します

いざ書き出してみると、意外と書くことが出なかったり、同じことを書いていたりします。悩みや不安は、同じことをぐるぐる考えていることが多いので、書き出して客観的にみると案外たいしたことがないものです

私は周りには話さずに一人で考え込むタイプなので、モヤモヤを感じたら紙に書き出しながら考えるようにしています

ただの悩みから、建設的思考に変換することができるようになるのでおすすめです

その③:行動してみる

手を動かしてみる

足を動かしてみる

あたまが追いついていなくても大丈夫

悩んで、いろいろ調べたら、何が正しい方法なのか分からなくなってしまいますよね。そんな時は、かたっぱしから試してみます

瞑想が良いと記事で読んだなら瞑想をする。散歩がいいなら散歩をしてみる。小さな目標を立てることが大事なら、立ててみる

いろんな記事のほとんどに書いていることは同じなので、あとは行動してみるだけです
(私も、いろんな記事を読みあさりました・・・泣)

10個試してみて、1つだけでも不安を解消できる方法があれば問題は解決したといえるでしょう

あたまが追いついていなくても大丈夫です。体を動かせば、あたまは勝手に追いついてきますから

不安を解消する行動 まとめ

内容をまとめてみます。

おすすめの行動

その➀:筋トレをする

その②:不安を書き出す

その③:行動してみる

不安な時は、たくさん行動してみることがいちばんの近道です。試したことがなければ、ぜひ試してみてください。これからは、不安とうまく付き合っていきましょう