NFTゲーム

クリプトスペルズは儲かるの?実際にプレイしてみた感想と初心者が知っておくべきこと

実際にプレイしてみた感想と 初心者が知っておくべきこと

「クリプトスペルズは儲かるの?」

「実際プレイして楽しいの?」

「クリプトスペルズはどんなゲーム?」

こんな方のために、NFTゲームのクリプトスペルズを実際にプレイしてみた感想をまとめました。

クリプトスペルズとはブロックチェーン技術を利用したトレーディングカードゲームです。

始めたばかりの頃はゲームシステムがいまいち分からなかったのでつまらなかったのですが、調べながらプレイするうちに夢中になっていきました。

まだいまいち理解していない要素もありますが、現時点で感じたことや楽しむために知っておくべき情報をまとめていきます。

クリプトスペルズ公式HP

クリプトスペルズは楽しい

クリプトスペルズは普通に楽しいです。

ゲームシステムはシャドウバースとほぼ同じなのですが、簡単にカードが手に入らないところが僕は好きです。

最近のトレーディングカードゲームは始めた日から全てのカードにアクセスできるので、ネットでデッキレシピを検索すれば少し課金するだけで最強デッキが出来上がります。

そしてテンプレートのデッキ同士の戦いになるのでただのジャンケンをしているのと同じ感じになるのが嫌いでした。

クリプトスペルズはしっかりトレーディングカードゲームを遊んでいる感じがあります。

昔の遊戯王みたいな感じが好き

クリプトスペルズは他のトレーディングカードゲームのように簡単に強力なカードを生成することはできません。

なぜなら大会で優勝できるような強力なカードはNFTになっており、発行枚数も決められているので手に入れるのが難しいのです。

なので、始めたばかりの初期デッキでランク戦をすると

「そのカードはチートだろ!!」

みたいなデッキと当たることがあります。

カードパワーが違いすぎて戦略どうこうではどうにもならない力で負けます。

昔の遊戯王で例えるなら、自分のデッキでは比較的強いグレムリンを出して様子をみていたらブラッド・ヴォルスで殴られて試合終了みたいな感じです。

「ブラッド・ヴォルスに対抗するカードが1枚もないんですけど!!サレンダー!」

みたいな感じで懐かしくなりました。

強力なカードが手に入った時の嬉しさが半端じゃない

最近のトレーディングカードゲームはすぐに目当てのカードが手に入ります。

カードの種類もアップデートでどんどん増えて、環境が変わってもアップデートの当日には最強デッキを作ることができます。

対戦するなら完璧なデッキを組んでからがスタートという感じが僕は苦手でした。

クリプトスペルズはカードがそもそも手に入りにくいので自分が持っている数少ないカードでしかデッキを組めません。

なので強力なカードを1枚手に入れた時なんかは子供の頃のように

「このカードをメインで使えるデッキにしようかな!」

みたいな感じでワクワクしますし、手に入れたカードに愛着が湧きます。

僕はまだNFTで作られたシルバー以上のカードは持っていないのですが(レプリカのカードは持っている)、それを手に入れた時はもっと楽しいんでしょうね。

なんせNFTだから価値があるんですよ。需要の高いカードであれば高額で売ることもできます。

フリーバトルはつまらない

フリーバトルはほとんと同じコンピューターが相手なのでつまらないです。

ずっと同じデッキを使ってくるし、カードも自分が初期で持っているカードと同じなので目新しさもありません。

称号獲得のための消化と採掘チケットを集めるためだけの作業になっているので、オートバトル機能が欲しいと思いました。

儲かる仕組みはシンプル

  • NFTカードを手に入れる
  • NFTカードを売る

NFTカードを売買する以外にもレジェンダリーカードをレンタルに出したり、ギルドストック(ギルドオーナーNFT権)を取得したりする方法がありますが、初心者には難しいのでほとんどの方はNFTの売買が儲けるための手段になります。

NFTカードをなんとか手に入れてマーケットで売れば儲けることができます。

NFTカードを手に入れる方法

  • 採掘(ガチャ)で手に入れる
  • 大会の報酬で手に入れる

デイリーミッションやレベルアップ報酬などで手に入る採掘チケットで採掘をするか、大会の上位報酬で配布されるカードを手に入れる方法があります。

無課金だと大会で勝つことは厳しいと思うので(まだ大会に参加したことがないから分からないが)ゲーム序盤は採掘で手に入れる方法がほとんどになりそうです。

初心者が知っておくべきこと

クリプトスペルズをプレイしながら、

「これははじめに知っておきたかったな」

というのがいくつかあったので紹介しておきます。

デッキ編集画面ではカードの詳細が見れない

他のトレーディングカードゲームはデッキ編集画面でもカードをタップすると拡大されてカードの詳細が読めるのですが、クリプトスペルズでは編集画面でカードをタップするとデッキに追加されてしまいます。

デッキ側のカードをタップするとカバンに戻ってしまいます。

デッキ側のカードの詳細は見ることができないので少し不便ですね。

デッキ編集画面でカードの詳細を見たい場合はピンチアウトで拡大するしかないので、スマホでプレイするよりもパソコンやタブレットでプレイする方がいいかもしれません。

カードの詳細を覚えたり操作に慣れればどうということはないのですが、始めたての頃はデッキ編集に時間がかかりました。

採掘でNFTカードの出現確率を上げる方法がある

新しいカードが欲しくて採掘チケットを手に入れたらガンガン採掘していたのですが、ただ採掘しても確率は低いようです。

確率を上げる方法は3つあります。

  • 称号を集める
  • 連勝している時に採掘する
  • シルバー以上のNFTカードを入手してTAVを上げる

調べてみると称号は30個以上、連勝数は7連勝以上あればシルバーが出やすいようです。

TAVとは、自分が所有している全てのレジェンド・ゴールド・シルバーカードの価値のことです。

TAVがどのくらいあれば出やすいのかは分かりませんが、無課金でプレイするなら初めは0なので気にする必要はないですね。

つまり、称号を30個以上集めて7連勝中に採掘をするのが一番確率が高くなるようです。

ただ、具体的に何%なのかは分かりませんでした。

各文明2人目のリーダーは150勝または1000SPLで解放

リーダー選択が一列でグレーになっているので分かりにくいのですが、それぞれの文明にはリーダーが2人います。

2人目のリーダーは初期から選べるそれぞれの文明のリーダーで150勝するか課金して1000SPLで購入する必要があります。

1000SPLは0.01ETHで購入できるので日本円で約2,500円です。(2022年8月19日時点)

レプリカは30日で消滅する

序盤のミッションをクリアするとシルバーやゴールドのレプリカを入手できます。

NFTではないので売買することはできないのですが、ゲーム内では同じカードとして使うことができます。

注意点として、レプリカは入手してから30日後には消滅してしまいます。

期限が過ぎるとデッキの弱体化は必至なので、レプリカが残っている内に連勝の称号や各文明の勝利数の称号を集める必要がありそうです。

Soul、SPL、MCHCについて

Soulとはゲーム内のミッションをクリアすることで得られるゲーム内ポイントです。

現状、カード作成に必要なスピリットを入手する時に使います。

SPLとはショップで運営が販売するカードを購入したり取引所でプレイヤー同士でカードを売買する時に使うゲーム内通貨です。

仮想通貨のETHで購入するか、ゲーム内の月間ミッションとチャレンジミッションをクリアすることで入手することができます。

MCHCとはMCH株式会社が運営するNFTゲーム『My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)』が発行するERC-20トークンで、My Crypto Heroesの運営方針に対する投票権として機能するガバナンストークンです。

デイリーミッション、月間ミッション、ギルドバトル、毎日ランク戦で入手できます。

現状、MCHCをクリプトスペルズ内で使う要素はありません。

おすすめできる人

  • カードをコツコツ集めるのが好き
  • ゲーム序盤の作業的なフリーバトルを我慢できる
  • クオリティが多少低いことを受け入れられる

こんな方はクリプトスペルズを楽しめると思います。

美麗なカード、豪華な声優、派手なエフェクト、盛り上がるBGMで始めた初日から最強テンプレデッキを使ってプレイしたい方にはおすすめできません。

対戦で勝つことはもちろんですが、カードをどうやって手に入れようか試行錯誤する過程自体を楽しめる方にとっては最高のゲームだと感じました。

まとめ

  • クリプトスペルズは楽しい
  • フリーバトルは現状つまらない
  • 儲かるかどうかは分からない

クリプトスペルズは儲かるかどうかは正直分かりません。

今後NFTに注目が集まって新規プレイヤーが増えていけば需要が高まってNFTカードの価値が上がるかもしれないので、興味があるなら今から始めておいた方が先行者利益を得られるかもしれません。

逆にゲーム自体が流行らなければどれだけNFTカードを集めても儲かることはないでしょう。

儲かるかどうかは置いておいて、僕はクリプトスペルズは楽しいと思いますし好きです。

プレイヤーがもっと増えてフリーバトルでもマッチングするようになればもっと楽しくなると思いました。

早く採掘でシルバーカードを当てて、NFTカードを所有するという体験もしてみたいですねね。

追伸

クリプトスペルズの始め方や詳細については公式がこちらにまとめています。

https://cryptospells.gitbook.io/cryptospells/

今なら招待コードを入力して始めると採掘チケットが20枚手に入るので、始める場合は招待コートを忘れずに入力しましょう。

招待コード 7r2L

僕のメリットとしては、招待したユーザーがSPLを購入する度、購入額の10%のSPLを報酬として得ることができるようになります。

誰の招待コードを使っても特典は変わらないので、招待コードは必ず入力して始めることをおすすめします。