ライフコーチング体験記

【ライフコーチング体験記】第5回「なぜコーチングを仕事にしたいのかを明確にしたい」

サムネイル

2021年4月30日(金)

5回目のコーチングを受けました。

今回は「なぜコーチングを仕事にしたいのかを明確にしたい」というテーマで行いました。

コーチングを受け始めて自分自身のビジョンは明確になりました。

「得意で好きなことを仕事にして、生き生きと輝き、制約もストレスもなく、趣味のゲームに没頭できるくらいの経済力をつけている自分」

一言で表すと、

「ゲームの主人公のような自分」

これが僕のビジョンです。

しかし、このビジョンだけでは「なぜコーチングを仕事にしたいのか」という本質には足らない気がしていました。

これが明確になればもっと毎日がイキイキするだろうし、SNSやブログでの発信内容もハッキリすると思ったので「なぜコーチングを仕事にしたいのかを明確にしたい」というテーマにしました。

今回のコーチーングまでの振り返り

前回のアクションプラン
  • 9月5日(開業届提出日)までの日数を18周間と認識する
  • 毎週1週間の目標を決める
  • 目標を達成できなくても落ち込まない。達成した分、自分を褒める
  • 1週間を18回積み上げていくイメージ

前回のコーチングからの2週間どうだったかを振り返りました。

①毎週目標を決めて1週間を振り返ることで、自分がどれだけ行動したのかを測れたことがよかったです。

②これをすることで、「自分は少しずつでも目標に進んでいるんだ」ということを自覚できるので、自分の安心感に繋がっています。

③目標までのタイムリッミットも毎週意識できるので、ちょうどいいストレスになっています。

毎週続けて習慣化したいと思います。

明確になったこと

自身から出てきた言葉や内容

  • 人の個性を生かしたい
  • 愚痴のない世界
  • 得意なことを生かした人が増えると世界はもっと良くなる
  • 可能性に気づいてほしい
  • それぞれが生きたい人生を生きてほしい
  • 自信を持ってコーチングを仕事にしている目的を話したい
  • アドバイスはあまり自分のためにならなかった
  • アドバイスよりもコーチングが効果的なアプローチに感じる

自分の内側から出てきた言葉で一番アンテナが立ったのは「人の個性を生かしたい」ということ。

自分のストレングスファインダーで1位の資質が「個別化」というのもあるかもしれませんが、ここに惹かれるものがあります。

次回までのアクションプラン

アクションプラン
  • 「なぜコーチングを仕事にしたいのか」を一文にまとめる
  • まとめた一文を毎日考え、より自分がしっくりくる文にする

一文にまとめる方法はサイモン・シネック著「FIND YOUR WHY」を参考にします。

〇〇することで、〇〇になる

最初の空欄には他者に自分がもたらす貢献を書きます。

2番目の右の空欄には、自分の貢献による影響を書きます。

この方法でまとめてみます。

自分の人生を自分で作っている感じがするので最近は楽しいです。

自分のWHYを探してみます!