ライフコーチング体験記

【ライフコーチング体験記】第7回「独立する時のビジョンを明確にしたい」

サムネイル

2021年6月4日

7回目のコーチングを受けました。

コーチングを受け始めて4ヶ月目に突入しました。

やっとコーチングの使い方にも慣れてきて、自分の変化を実感できるようになってきました。

今回のコーチングで整理されたこと、明確になったことをまとめていきます。

前回からの振り返り

前回のアクションプラン
  • 関わりたくない人に興味を持つ
  • 相手の言動を一面だけで見ない
  • 相手のいい面を意識的に見るようにする

今までは、自分が所属しているグループではメンバーのことを好きになって、何か影響を与えないといけないという思い込みがあったことに気づきました。

だから、嫌いな人や苦手な人に対しても「自分からなんとかしなきゃ」「あの人と距離を近づけるにはどうすればいいのか?」といつも悩んでいました。

しかし今では「自分がどんなにアプローチ方法を変えても変わらない人は変わらない」「人は自らでしか変われない」「他人を変えることはできない」「自分は本当はどう関わりたいのか」が大切だと思えるようになりました。

その結果、なんとか関係をよくしなきゃとエネルギーを無駄に消耗することもなくなり、気持ちが楽になりました。

今回のコーチングで整理されたこと

コーチ「開業届を出す当日は自分がどんな状態になっているとよさそうですか?」

自分「50%くらいで『いけるだろう』と思える状態」

コーチ「『いけるだろう』を具体的に表現すると?」

自分「自分が思い描く理想の生き方ができるだろう。なんとかなるだろうという気持ち」

コーチ「何が準備できれば50%になりそうですか?」

今回のコーチングでは「何が準備できれば50%の『いけるだろう』という理想の状態になれるか」をメインで話しました。

何を準備するか?

  1. 独立開業に必要な基礎知識
  2. コーチングを自分はできるという自信
  3. 独立開業を応援してくれる人や起業仲間を増やす
  4. ネット上で調べると自分のことが分かる状態

この4つが準備できれば、開業届を出しに行く時の理想の状態になれそうです。

優先順位を決める

  1. コーチングを自分はできるという自信
  2. 独立開業を応援してくれる人や起業仲間を増やす
  3. ネット上で調べると自分のことが分かる状態
  4. 独立開業に必要な基礎知識

コーチ「コーチングを自分はできるという自信はどうしたら付きそうですか?」

次回までのアクションプラン

次回までのアクションプラン
  • コーチングを商品として売りに出す
  • TwitterとInstagramで交流を始める

コーチングを商品として売りに出す

売れなくてもいい。商品として売りに出すという行動を達成すること。

そのために必要なことや準備することも出てくるだろうから、それらを準備して商品として売りに出す。

金額はいくらでも問題ない。

TwitterとInstagramで交流を始める

自分を応援してくれる人、起業仲間を増やすために行う。

投稿を見るだけではなくて、アクションを起こして交流していく。

最後に

今回のセッションはコーチングの効果をとても実感できた回でした。

自分の中のモヤモヤも解消されたし、行動していこうというエネルギーが増えたのを感じました。

自分もあんあコーチになりたいと心から思うようになりました。

コーチングってすばらしい。