コーチング

僕がライフコーチという生き方を選んだ理由

僕がライフコーチという生き方を選んだ理由

こんにちはスンシンです。

この記事では僕がライフコーチという生き方を選んだ理由について書いていきます。

結論から言うと理由は3つです。

  • 自分の得意を活かして人の役に立てると思ったから
  • 本音で人と話したいから
  • 他人の人生ではなく自分の理想の人生を生きたいから

具体的に話していきます。

自分の得意を活かして人の役に立てると思ったから

今までの人生経験上、苦手なことを伸ばしてそれなりになるよりも、得意なことを伸ばして飛び抜けた方が人の役に立てると思っています。

2021年3月にライフコーチングと出会い、自分は人間観察が得意だということがわかりました。

ライフコーチングはクライアントと1対1で対話をするのですが、関係性が良くないと効果が発揮されません。

ライフコーチングでクライアントと良いパートナーシップを結ぶのに、自分の人間観察力を活かして役に立てると思ったのが理由の一つです。

本音で人と話したいから

2つ目は本音で人と話したいからです。

サラリーマン時代は会社でもお客さんの前でも自分の本音を押し殺してきました。

会社は商品が売れればそれでいいし、お客さんは商品が手に入ればそれでよかったので営業として自分の本音は必要ありません。

本音を我慢しながら仕事をするのが自分にとってはとてもストレスになっていたので、帯状疱疹が出たり頭が痒くなったり健康に被害が出ていました。

こんな経験もあって本音で人と接する仕事がしたいと思うようになっていたので、ライフコーチングは自分にぴったりでした。

他人の人生ではなく自分の理想の人生を生きたいから

サラリーマンとして信用組合で働いていた頃は新規事業を始めるお客さんを見るととても羨ましく思いました。

当時は羨ましい感情が何かよくわかりませんでしたが、今思えば理想の人生を叶えるために挑戦する姿が羨ましかったんだと思います。

住宅ローンを売ってお客様のマイホームが建っても、会社で評価されても嬉しくありませんでした。

会社とお客様の人生のために生きても自分は幸せを感じられませんでした。

なぜなら自分の人生を生きていなかったから。

僕の理想の人生は「得意なことを活かした仕事をして大好きなゲームに夢中になれるくらいの経済力を持つこと」です。

ライフコーチングは自分の得意を活かせる仕事なので理想の人生の半分が叶います。

ライフコーチという生き方は自分の理想の人生を叶えることに繋がっているのでこの生き方を選びました。

人生は自分の内側にしかない

自分の内側とは感情、思考、価値観、資質のことです。

自分の外側とはネット、他人、時代、世の中のことです。

こんなことを言うと宗教みたいでスピリチュアルな感じがするのであまり好きではないのですが、自分の人生は自分の内側にしかありません。

僕は外側に自分の人生を探して多くの時間を無駄にしました。

自分の内側と向き合ってきませんでした。自分をないがしろにしすぎていました。だからやりたいことも分からず、自分の活かし方も分かりませんでした。

ライフコーチングに出会って自分の人生は変わりました。

過去の自分のような人が自分を活かして理想の人生を叶えられるように、そして自分自身が理想の人生を叶えられるようにライフコーチとして生きていきます。