仮想通貨

MetaMask(メタマスク)って何?NFTゲームを始めるために必要なMetaMaskの基本をざっくり解説

メタマスクって何?

この記事ではNFTゲームを始めるために必要なメタマスクの基本をざっくり解説していきます。

メタマスクとはwebブラウザに埋め込まれた仮想通貨ウォレットです。

Chrome Webストアのページの「Chromeに追加」をクリックして画面の順番通りに進むと作ることができます。

無料で誰でも作れます。

メタマスクでできることをざっくり解説

  • イーサリアム系仮想通貨の送受信と管理
  • NFTの保管
  • 複数のウォレット作成
  • イーサリアム基盤上に作られたDappsへの接続
  • トークンスワップ

イーサリアム系仮想通貨の送受信と管理

メタマスクに入金してあるETHを使ってNFTを購入したり、NFTゲーム内で使うトークンと交換できます。

OpenSeaを利用する時もメタマスクがあれば簡単にNFTを購入することができます。

NFTの保管

OpenSeaなどで購入したNFTをメタマスクで保管することができます。

ブラウザ版ではNFTの所有を確認できないのですがスマホ版のメタマスクアプリを使えば、自分が持っているNFTを確認することができます。

複数のウォレット作成

メタマスク内に複数のウォレットを作成することができます。

用途別に分けて使いたい時などに便利ですね。

イーサリアム基盤上に作られたDappsへの接続

メタマスクはイーサリアム系のウォレットなので、イーサリアム基盤上に作られたサービスにしか接続できません。

NFTゲームだけではなく、イーサリアム基盤に作られたサービスであればメタマスクで利用することが可能です。

トークンスワップ

スワップとは仮想通貨を別の仮想通貨に交換することです。

ETHではない他の仮想通貨が必要になったときはメタマスクでスワップして使うようになります。

メタマスクの注意点

  • 接続できないブロックチェーンもある
  • シークレットリカバリーフレーズは誰にも教えない
  • 仮想通貨の長期保管には向かない

接続できないブロックチェーンもある

メタマスクはイーサリアム系のブロックチェーンにのみ対応しています。

ビットコインなどはメタマスクでは使えないので注意しましょう。

シークレットリカバリーフレーズは誰にも教えない

シークレットリカバリーフレーズを使うとアカウントのバックアップと復元ができます。

このフレーズを使用すると誰でもアカウントを使えてしまうので、誰にも教えてはいけません。

仮想通貨の長期保管には向かない

メタマスクはオンラインに接続されているホットウォレットです。

ハッキングなどのリスクもあるので、たくさんの仮想通貨をメタマスクだけで管理するのはリスクが高いです。

サービスに利用する分だけを置いておくのがいいかもしれません。

まとめ

  • イーサリアム系仮想通貨の送受信と管理
  • NFTの保管
  • 複数のウォレット作成
  • イーサリアム基盤上に作られたDappsへの接続
  • トークンスワップ
  • 接続できないブロックチェーンもある
  • シークレットリカバリーフレーズは誰にも教えない
  • 仮想通貨の長期保管には向かない

NFTゲームをするならとりあえずこれだけ分かっていれば大丈夫です。

NFTゲームはイーサリアム系のものが多いので、メタマスクでウォレットを作っていれば気軽にいろんなゲームをプレイすることができます。

イーサリアム系以外のNFTゲームをする時はメタマスク以外のウォレットを作る必要があるので注意しましょう。

現在リリースされているクリプトスペルズ、エグリプト、マイクリプトヒーローズなど、今後リリース予定のIsekai Battle、元素騎士ONLINEなどもメタマスクでプレイできます。

無料で簡単に作れるのでこの機会に作っておくことをおすすめします。