ゲーム

【ゲームを現実に活かす】ゲームを楽しめなくなった大人がゲームを楽しむ方法

【ゲームを現実に活かす】ゲームを楽しめなくなった大人がゲームを楽しむ方法
  • 楽しかったゲームが楽しくない
  • ゲームを楽しめなくなった

こんな悩みをお持ちではないですか?

この記事を読めば今日からゲームを楽しむことができるようになります。

ゲームを楽しめなくなった大人がゲームを楽しむためにはどうすればいいのか?

それは、ゲームを現実に活かして現実を豊かにすることです。

なぜなら、ゲームを楽しめない大きな原因はゲームをプレイしても現実世界にプラスな影響がなく現実が豊かになっていないと感じているからです。

3時間ゲームをすればゲームの中ではかなり成長しますし物語も進んでいきます。

しかし現実の自分はイスに3時間座ってコントローラーを握っていただけです。

現実の自分は成長もしていないし、物語も進んでいません。

それじゃあゲームを活かすためにゲーム配信を始めようとか、ゲームに関連する仕事をしようという話をするつもりはありません。

それができるのは一部の適正がある人だけの話であって、多くの人にとっては現実的ではないからです。

それではゲームを現実に活かしてゲームを楽しむ方法を解説していきます。

ゲームを現実に活かしてゲームを楽しむ方法

  • ゲームを人とつながるためのツールにする
  • 現実逃避をやめて現実に挑戦する

この方法を試すために特別な能力は必要ありません。

ゲームが上手い必要はないし人を惹きつけるトーク力も、相手を癒すためのカワボもイケボも必要ありません。

中学生でも誰でもできます。

具体的に解説していきます。

ゲームを人とつながるためのツールにする

人とつながると現実を豊かにするための情報、仲間、チャンス、お金、ヒントが生まれます。

ゲームの世界でも主人公はたくさんの人たちとつながることで豊かになっています。

ドラクエなら一緒に戦う仲間、道具屋、宿屋など、いろんな人とつながることで楽しく、安全に、有利に物語を進めることができています。

酒場に行っていろんな人とつながるから新しい情報が手に入るし、ヒントをもらったり、新しいチャンスが転がっていたりします。

現実世界でも同じで職場と自宅の往復だけだと何も起こりませんが、朝活グループに入ったり、マラソングループに入ったり、新しい人とつながることで思わぬチャンスが舞い込んだりします。

これはオンラインゲームで自動マッチングした人とつながっているからいいということではなく、現実で人と繋がりましょうということです。

ゲームを1人で遊んで終わりにするのではなく、ゲームを現実世界で人とつながるために使ってみましょう。

ゲームを通じて現実で人とつながっても現実世界にプラスな影響がないのであれば意味がありません。

ゲームを通じて人とつながることで、前向きになったり、やる気が出たり、学びにつながったり、現実の自分が豊かになっているかどうかを意識しましょう。

ゲームで人とつながるための具体的な行動

一番簡単な方法はSNSを使うことです。

ゲーマーはTwitterで情報収集をしている人が多いのでTwitterがおすすめです。

意識することはいいね、リプ、リツイートなどでコミュニケーションをすることです。

Twitterは大きな学校なようなものです。

気の合う人同士でつながるので、気楽に自分が好きなことを発信して、自分が好きなことを発信している人と絡みましょう。

全員に好かれようとする必要はないですし、嫌いな人とは距離を置けばいいです。

気持ち悪い人はブロック機能を使えば自分の世界からは消えてくれます。

一緒に同じゲームをプレイできなくても同じ話題で盛り上がるだけでもつながることはできます。

学校でも一緒にプレイするよりもゲームの話だけをする友達の方が多かったりしますよね。

あのボスは強かったとか、この装備がかっこいいとか。

ゲームするならTwitterを始めましょう。

それだけでゲームを楽しめます。

現実逃避をやめて現実に挑戦する

ゲームに時間を費やすほどゲーム内で成長して豊かになるように、現実に時間を費やさないと現実の自分は成長しないし豊かにもなりません。

現実に挑戦することが現実を豊かにする近道、つまりゲームを楽しむための近道になります。

現実逃避のためにゲームをプレイしていたら何のために生きているのかが分からなくなるしゲームも楽しめないというのは当たり前のことです。

現実に挑戦するのは怖いし難しいことのように思えますがゲーマーなら大丈夫です。

ゲーマーは既に現実に挑戦する力を備えています。

どのくらい強いのかもわからない魔王を倒すために目の前のスライム倒してレベルを上げ、パーティーが全滅してもクリアするまで試行錯誤を繰り返しています。

自分よりもFPSが上手い人がいる20部隊の中で最後の1部隊であるチャンピオンになるために装備を集め、戦略を練りライバルを倒しています。

初見ではクリアできないような強力なボスに何百回と負けながらも次は勝てると信じて霧の門をくぐる姿は逃避とは真逆の姿です。

ゲームで培ってきた不屈の精神と挑戦力を現実に向けることができれば現実は必ず豊かになります。

そしてゲームも楽しめるようになります。

現実に挑戦するための具体的な行動

  • 人生の最終目標を決める(ラスボスを決める)
  • 自己分析をする(能力とリソースを把握する)
  • 自分を磨く(レベル上げ)

人生の最終目標を決める

まずは現実世界で人生のゴールを決めましょう。

魔王を倒す、20部隊の中で最後の1部隊まで生き残る、エルデの王になる。

ゲームは目標があるから挑戦できるし、全ての行動に意味が生まれます。

歌手になる、プロゲーマーになる、学校の先生になる、自分が魅力的だと思える人生のゴールを決めましょう。

ここで注意するのは、周りからの意見は一切聞かないこと。

「人生の役に立つの?」「もっと人のためになることしなよ」「それで生きていけるほど甘くないよ」

こんなの聞いても何の役にも立ちません。

「魔王倒して意味あるの?」「チャンピオンになったからなんなの?」「エルデの王になってどうするの?」

と言っているようなもので、魔王を倒したいから倒すのだし、チャンピオンになったら気持ちいから目指すし、エルデの王になりたいから頑張るだけのこと。

ゲームのように自分が心からワクワクして好奇心が爆発するような目標を決めることが大切です。

自己分析をする

目標が決まったら現実の主人公である自分の能力を把握するために自己分析をしましょう。

ゲームではじめにすることはキャラの能力把握ですよね。

攻撃力高いから剣持たせて物理特化にしようとか、防御低いから回避上げとこうとか、魔法攻撃力の伸びが良いから魔法特化にしようとか考えますよね。

運動能力が低いのにプロサッカー選手を目指すのは無謀ですし、音痴なのに歌手を目指すのは大変です。

自分が得意なこと苦手なことは何か、好きなこと嫌いなこと、伸びそうなこと伸びないことなど、他人に自分のことを聞かれたら何でも答えられるくらいの自分オタクになれば、現実でもゲームのように自分を使いこなせるはずです。

自分のステータスを確認しましょう。

自分を磨く

現実世界の最終目標も決まって、自己分析もできたらあとは自分を磨くだけです。

その最終目標を達成するための情報を集め、仮説を立て、試行錯誤を繰り返す。

やってることはゲームと同じですね。

ここまでくれば現実に挑戦していると言えるでしょう。

ゲームを楽しめている人の特徴

  • ゲームを通じて多様な人とつながっている
  • 現実が充実している
  • 人生の目標に向かっている
  • ポジティブ

ゲームを楽しんでいる人気のゲーム実況者を見ると、他の実況者さんとコラボをしていたり、たくさんの視聴者とつながっています。

仕事で商品の紹介なんかもしていて企業ともつながっています。

「チャンネル登録者数を増やす」といった自分で掲げた目標に向かって現実でも日々挑戦もしています。

配信中も前向きな発言が多くてポジティブな人が多いです。

このように、ゲームを楽しんでいる人たちは現実世界でもたくさんの人たちとつながって、自分の現実に挑戦しています。

ゲームを楽しめていない人の特徴

  • ゲームを通じて人とのつながりが全くない
  • 自分と画面だけの関係になっている
  • 現実で不安、不満、ストレスを強く感じている
  • 人生の目標がない
  • ネガティブ

逆にゲームを楽しめていない過去の僕のような人には上記の特徴があります。

会社にゲームをする人は1人もいない。

会社の転勤で地方に飛んだので知り合いもいない。

SNSは見るだけなのでSNSでのつながりもない。

会社では人間関係がうまくいかず仕事もダメダメ。

ストレスで体には帯状疱疹が出るし、将来のことを考えると怖くなって夜も眠れない。

やりたいことも見つからないし、当時の僕は仕事を辞めて現実に挑戦する勇気もありませんでした。

このように、ゲームを楽しめていない人は人とのつながりが薄く、ネガティブで目標もないという特徴を持っています。

まとめ:人とつながって自分の現実に挑戦しよう

  • ゲームを人とつながるためのツールにする
  • Twitterを始める
  • 現実逃避をやめて現実に挑戦する
  • 人生の最終目標を決める(ラスボスを決める)
  • 自己分析をする(能力とリソースを把握する)
  • 自分を磨く(レベル上げ)

僕は現在、ブログを書きながらフリーランスのライフコーチとして活動しています。

会社や上司の愚痴を言いながらゲームを現実逃避の手段として使っていたサラリーマン時代に比べると収入は減っていますし安定はしていませんが、今が人生で一番楽しいです。

ゲームのプレイ時間自体は減っていますが、ゲームを無駄だと感じることもないし、自分なりの楽しみ方が見つかっています。

少しでもゲームを楽しむための参考になれば嬉しいです。

僕はこれからもゲームと現実をもっと楽しめるように日々自分を磨いていきます!

【PR】無料体験コーチングはじめました

現実世界でもゲームのように自分を活かして自分らしく自分だけの物語を始める方法が知りたいですか?

自分だけの物語を始めるためには「自己理解」と「人生の目標」が必要です。

多くの人は自分の本音を無視して、ネットの中から人生の答えを探したり、他人の人生の目標を自分の人生の目標だと思い込こもうとして苦しんでいます。

本を読んだり、旅に出たり、筋トレをしたりして自己理解を深め人生の目標を探そうと努力していますが、もっと気軽に――かつ、少ない努力で自己理解を深め人生の目標を見つける方法がございます。

それが「話を聴いてもらう」という方法です。

話を聴いてもらうと自分を客観視することができ、自分では気づいていなかったことに気づいたりすることがあります。

自分の考えや感情に気づいて理解が深まり、頭と心が整理されていくことで自己理解が進み、本当にやりたいことに出会うことができます。

しかし、自分の本音を話せる安心安全な環境というのは日常ではほとんどありません。昨今はコロナ禍で人との接触が減ることで、コミュニケーションも減ってきました。

そこで、半年間スクールでライフコーチングを学び、1年以上実際にコーチングを受けている僕に話を聴かせてください。

「将来のことがなんとなく不安」「新しい人生の一歩を踏み出す勇気が欲しい」という方に向けたコーチングになります。たった一度しかない人生を加速させるためにどうぞ。

ただし、本気で「自分の物語を生きたい!」と考えている方のみご相談ください。

コーチングを受けるだけでは何も変わりません。コーチングを受けるだけで何かが変わる!といった気持ちで受けると時間の無駄になりますので、1ミリでも新しい行動ができる方のみご相談ください。

・LINEから無料体験コーチングを相談する