マインド

バイトを時給やシフト中心で決めてはダメ!バイトを選べない時の考え方

バイトの条件を考えていると、なかなかバイトを選べないですよね。

時給が高いところがいい、きつい仕事は嫌だ、通いやすい場所、シフトの融通、人間関係など、考えたらきりがありません。

そんなバイト選びに悩んでいる方のために、バイト選びが楽になる考え方をお伝えしようと思います。

バイトを選べない時の考え方

僕自身この考え方でバイトを決め、現在は商業施設でクレジットカードの申し込み受付のバイトをしています。

ストレスもなく、自分の人生の目的に合ったバイト先を選べたと満足しています。

バイトを選べない理由

まずバイトを選べない理由としては以下があげられます。

自分の価値観がはっきりしていない

世間の一般論にとらわれている

バイトをする目的が決まっていない

順番に解説していきます。

自分の価値観がはっきりしていない

バイトを選べない理由は、自分の価値観がはっきりしていないからではないでしょうか?

価値観とは、物事に対する自分の価値の捉え方や考え方のことです。

「自分が好きなことはなんですか?」「得意なことはなんですか?」「嫌いなものは?」「苦手なものは?」「どんな自分になりたいですか?」「一番大切にしていることは?」

人は1日に、自分の価値観で無意識に約30,000回決断しているそうです。

過去を振り返り、自分が今までどんなことを決断してきたのかを観察してみると、自分の価値観が分かってくると思います。

価値観がはっきりすれば、決断する基準になるので選びやすくなります。

世間の一般論にとらわれている

価値観ははっきりしているのに選べない。そんな時は、自分が世間の一般論にとらわれていないか考えてみましょう。

ネットで「バイト 選び方」などを検索すると「時給を重要視するべき」「人間関係が最も大切」「好きなことで選ぼう」など、無数に情報が出てきます。

あくまでネットの記事は、記事を書いた人が主張したいことであってあなたの正解ではありません。

親や友人あらのアドバイスも、その人の主張です。

世間の一般論にとらわれず、情報はあくまで参考にしながら自分の価値観で自分オリジナルの決断をしてみてはどうでしょうか。

バイトをする目的が決まっていない

あなたはバイトをする目的が決まっていますか?

「バイトで稼いだお金で友達と遊んで楽しい時間を過ごしたい」「大学の費用を払って卒業したい」「オシャレをして彼氏彼女を作りたい」「将来カフェを開きたいから、業務内容や雰囲気を勉強したい」など、これらは目的ではなく目標です。

人は常に自分が目標を達成する目的を持っています。

目標とは未来に向かう場所であり、目的とは目標に向かうことに意味を与えるものです。

バイトは自分の目的を達成するための手段です。バイトをする目的が明確でなければ決断することは難しくなります。

バイトをすることで目標を達成した後の自分はどうなっていると思いますか?

この質問でイメージされる自分の姿がバイトをする目的になります。

バイトを選ぶための決断基準

ここからは僕なりの決断基準をまとめていきます。

自分が何をしたいのかよくわからない場合

価値観がはっきりしなくて、自分が何をしたいのかよくわからない場合は自分が一番興味がありそうなバイトを選びましょう

この段階ではどのくらい続けるとかは考えなくても大丈夫です。いろんなバイトに触れてみて、自分の価値観を探していきましょう。

この時自分の感情をしっかり観察しましょう。

「仕事が辛いんだけど、何がこんなに辛くさせるのかな?」「仕事が楽しい!どうしてこんなに楽しいのだろう?何が楽しくさせるのかな?」

ただバイトをするのではなく、後からその時の感情を振り返ることが大切です。

自分の価値観がはっきりしている場合

自分の価値観がはっきりしている場合は、その価値観で順位の高いものを基準に選びましょう。

ここで大切なことは自分の価値観を基準にするということです。

世間や周りの意見にとらわれないように自分の価値観で選んでいるのかを確認しましょう。

バイトを選べない時の考え方:まとめ

バイトを選べない時の理由を知ることで、それがバイトを選ぶ時の基準になります。

これまでのことまとめると、バイトを選ぶために必要な考え方は下記のようになります。

自分の価値観を自覚する

世間の一般論にとらわれない

バイトをする目的を決める

この考え方はバイトを選ぶ時以外にも使える考え方なので、決断できなくて迷ってしまう時は一度この3つを思い出してみてください。

少しでも参考になればうれしいです。