マインド

【24歳脱サラ→元ニートが語る】仕事を辞める前に準備するべきマインドについて

サムネイル

「仕事を辞めた後の生活が不安・・・」

「仕事を辞めた後のメリット・デメリットが知りたい」

「仕事を辞める前に準備しておくことはあるかな?」

この記事では24歳の時に6年勤めた会社を勢いだけで辞めた僕が、その後の9ヶ月間のニート生活で気づいたことや感じたことを書いています。

この記事の内容
  • 会社を辞めたあとのリアルな僕の生活
  • 会社を辞めたあとのメリット
  • 会社を辞めたあとのデメリット
  • 会社を辞める前に準備するべきマインド

仕事を辞める目的はいろいろあると思いますが、もしあなたが20代で会社に違和感を抱き、将来のことが不安で仕事を辞めようと考えているなら参考になるかもしれません。

仕事を勢いで辞めたことに後悔はありませんが、もっとしっかり準備をしておけばよかったと思っています。

過去の僕のような人が、貴重な時間とお金を無駄にせず新しい人生の一歩を踏み出せるようにという想いを込めてこの記事を書きます。

結論から言うと、仕事を辞める前に準備するべきマインドは

  1. 自己理解を深めること
  2. 人生の夢を持つこと

です。

この2つだけしっかりしていれば自分自身を最低限コントロールすることができるので、時間とお金を無駄に消費することもなく不安も減ると思います。

会社を辞めた理由

僕は高卒から信用組合で働いていました。

4年目の頃から自分が働いている目的がわからなくなっており、自分の人生についてよく考えるようになりました。

土日祝日は休みで福利厚生もしっかりしているしボーナスも年2回出る。生活するには恵まれた環境でした。

しかし、人の役に立っているという実感と自分が成長しているという実感を得ることができずに苦しんでいました。

毎日会社の数字を追う日々、膨大な事務作業、広すぎる担当エリア、上司の昔話を聞くだけの飲み会…

自分は何のために生きているんだ?一度きりの人生をどうしたいんだろう?

一度自分の人生をリセットしたいと思い、1年間は自分のためだけに時間を使おうと誓いました。

24歳の時、2021年2月に退職する旨を上司に伝え、2021年4月末に高卒から6年勤めた会社を辞めました。

この時は人生のビジョンなどなにもなく、ただ人生をさまよっていました。

会社を辞めたあとのリアルな僕の生活

退職後の生活

【期間】2021年5月〜2021年2月(9ヶ月)

【バイト】なし(つまり無職ニート)

【暮らし】1R賃貸マンション一人暮らし

【5月〜6月】ゲーム、映画、アニメでダラダラを満喫

【7月〜9月】プログラミングスクールに通う

【10月】テックアカデミーUIUXコース受講

【10月〜12月】IT業界へ転職活動するも失敗

【1月〜2月】自己分析、実家へ戻る

IT人材になれば仕事に困ることはないだろうと考えていたので、会社員時代に一度通ったスクールでプログラミングを3ヶ月間あらためて学びなおしました。

その後の3ヶ月は独学で勉強しながら転職活動のためのポートフォリオを作成。

WEB制作会社の求人に50件以上応募するも全て失敗におわりました。

この頃の僕は精神的に病んでいたのだと思います。突然不安が込み上げてきて手が震えたこともありましたし、急に涙が溢れてきて1日ベッドでうずくまる日もありました。

この時に本気で自分の人生について考えるようになりました。

転職活動をしながら薄々気づいていたのですが、僕はIT系が苦手でした。世間の情報に流されてIT業界に向かおうとしている自分に気づきました。

自分が得意なことはなんだろうとストレングスファインダーを受けたことがきっかけでライフコーチングに初めて出会います。

ここに自分が求めている何かがある!そう直感しました。

貯金と収入

【退職時の貯金】170万円

【退職金】72万円

【失業手当】49万円

【給料】0円

【合計】291万円

自分が動きたい時にに動けるようにと貯めておいた貯金、コツコツ貯めておいて本当によかったと思っています。

お金があるだけ選択肢が増えます。貯金は大切だったということを実感しました。

1ヶ月の生活費

  • 家賃:38,000円
  • 水道光熱費:5,000円
  • 通信費:12,000円
  • 食費:30,000円
  • 生命保険:6,000円
  • 自己投資:25,000円
  • 合計:116,000円

途中、遊んだりした分は含んでいませんが毎月の生活費はこのくらい。

今思えばそのまま実家に帰って、全て自己投資に回せばよかったと思っています。

今までは会社に家賃を支払ってもらっていたので気づきませんでしたが、一人暮らしは本当にお金がかかります。

夢もなくただ自分探しのために毎月払支払うのは地獄です。

なんのために仕事を辞めたのか分からなくなってしまいます。

自己投資

  • MacBookAir:148,000円
  • プログラミングスクール:22,000円(継続受講のため安い)
  • テックアカデミーUIUXコース:240,000円
  • ADOBE:毎月6,000円
  • オンラインサロンMUP:9,000円
  • ストレングスファインダー読み込み:55,000円
  • コーチングスクールLCW:495,000円
  • その他書籍など

大きな自己投資はこんな感じです。

ニート期間中は自分がやりたいことがわからなかったので、自分が気になったことを片っ端から自分に与えていきました。

web制作でコードを入力することがしんどかったので、デザインならできるかもしれないと想いテックアカデミーUIUXコースを受講してみたり、ADOBEを使ってデザインの勉強をしてみました。

この頃は「プログラミングもデザインも全然できない。自分にはなんの能力もないのか」と絶望していました。

しかし今振り返ると、この経験から自分が苦手なことがわかったからコーチングに出会えたのだと思うし、自分の得意に目を向けるようにきっかけになったのだと思います。

会社を辞めたあとのメリット

僕が実際に会社を辞めて感じたメリットは、

  • 一時的なストレスからの解放
  • 自分に使える時間の増加

この2つです。

一時的なストレスからの解放

朝起きて仕事に行かないというのは最高で、はじめの1ヶ月くらいは呪いから解放されたような気分でした。

嫌な上司に会うこともないし、面倒な事務作業もありません。ゲームを遊んでアニメや映画を満喫しました。

しかし、そんな気分の生活もすぐに終わりました。

これからどうしようか?仕事はどうしようか?自分は何を望んでいるのか?

こんなことを考えるようになり、将来のことが不安でたまらなくなりました。

自分に使える時間の増加

仕事がなくなると自分が思っていた以上に時間が増えます。

今までは会社に決められた時間を過ごしていたので、自分で意図した時間を過ごすということをほとんどしたことがありませんでした。

時間が増えたことはよかったのですが、その時間をうまく使える自分ではなかったのでダラダラと持て余してしまっていたことを後悔しています。

「時間があれば自分は変われる!」

そう思っていましたが、時間は自分を変えてくれませんでした。

自分を変えられるのは自分だけだということをこの時に知りました。

会社を辞めたあとのデメリット

会社を辞めて感じたデメリットは、

  • 給料が入らない不安
  • 社会的欲求、承認欲求が満たされない

この2つです。

給料が入らない不安

仕事を辞めて強く感じたのは、給料が入らないということは仕事以上のストレスを与えるということ。

お金がなくなるということは生命に関わることなので、人間にとっては相当なストレスになります。

仕事のストレスがなくなればお金なんていらないと思っていましたが、お金は必須でした。

給料が今まで自分の命を守ってくれていたことに気付かされました。

社会的欲求、承認欲求が満たされない

会社を辞めて無職での一人暮らしは孤独でした。

ただ貯金を崩しながら生きるだけの生活。

社会への貢献感がないので、社会から切り離されて、自分なんか存在しなくてもいいのではないかと思うようになりました。

プログラミングを独学で勉強したにもかかわらず転職活動がうまくいかなかった時は人生終わったと思いました。

周りから評価されることがなく、そんな自分を責めてしまっていたので承認欲求を満たすことができずに無力感を感じていました。

会社を辞めて学んだこと

  • マズローの5段階欲求を満たそう
  • プライドは捨てよう

マズローの5段階欲求を満たそう

マズローの5段階欲求とは、人間には5段階の「欲求」があり、1つ下の欲求が満たされると次の欲求を満たそうとする基本的な心理的行動を表したものです。

マズローの5段階欲求説

下の欲求が満たされないと人は次の欲求を満たすことができません。

仕事を辞めて給料がなくなったことで安全の欲求がおびやかされ、人との繋がりがなくなることで所属の欲求と承認欲求が満たされなくなりました。

その結果、仕事以上のストレスに苦しみました。

まずは人間が必要な欲求を理解して、自分に与えてあげる必要があるということを学びました。

プライドは捨てよう

人は一人では生きていけません。

僕は会社にも頼らず、家族にも頼らず、誰にも甘えずに一人でなんでもできるという変なプライドがありました。

プライドなんかいりませんでした。頼れるところは頼って、甘えるところは甘えればよかったです。

自分が持っている人脈、環境、全てをわざわざ捨てる必要はありませんでした。どんどん使って頼ることを学びました。

会社を辞める前に準備するべきマインド

  • 自己理解を深めること
  • 人生の夢を持つこと

僕はライフコーチングを学び始めて、自己理解を深め人生の夢を持つことで自分の人生が動き始めました。

勢いで辞めてしまっては僕のように時間とお金を無駄にしてしまうので、この2つだけは試してみてください。

自己理解を深める

未来のことが不安になるのは自分のことを知らないからです。

得意、不得意、好き、嫌い、どんな時にやる気が出て、どんな時にやる気が出ないのか、不安になる時、楽しい時、悲しい時、必要な睡眠時間、ストレスになること、リラックスすることなど…

自分を知ることで、自分の感情や環境をコントロールすることができるようになるので不安は減ります。

自分はなにものなのか?なぜ今の仕事をしているのか?なんのために朝起きるのか?

僕は仕事を辞めてからはじめて考えるようになりました。

もっと早くから自己理解を深めていれば今より悩む時間も少なかったと思います。

人生の夢を持つ

「サラリーマンとして安定した職について安定した生活を送る。」

「周りが自分の名前を呼んでくれるから自分は存在できる。」

「周りの期待に答え続けることが自分の存在を証明すること。」

僕は今まで他人の価値観で生きていました。

他人の夢を叶えるために自分を犠牲にしていました。

肉体的制約、精神的制約がなければ自分はこの人生で何がしたいのか?どんな人生を送りたいのか?

小学校の授業以来、自分の夢について考えたことはありませんでした。

人生の夢を持つだけでこんなにも力が湧き出ることを知りませんでした。

人生の夢を持ちましょう。

最後に

会社員時代の僕は求めてばかりでした。

すでにもらっているものに気づきもせず、感謝の気持ちもありませんでした。

仕事があること、給料が出ること、ボーナスが出ること、土日祝日が休みのこと、社会保険に入っていること、退職金があること、家賃が出ていること、

たくさんの優しさと愛情を無視していました。

人は嫌なことやネガティブなことに目が向きがちです。

仕事を辞める前に一度、自分が会社でもらっているものにも目を向けてみてください。

仕事を辞める以外のことで、あなたの人生を良くするためのヒントが見つかるかもしれません。

自分にあるものないもの両方見たうえで仕事を辞めるというのであれば、今回お伝えしたことを試してみてください。

あなたの人生を応援しています。