ゲーム

ゲーミングPCを始めるならスグゲーはお得なのか?PC初心者が調べてみた

ゲーミングPCを始めるならスグゲーはお得なのか?PC初心者が調べてみた

こんにちは、スンシンです。ゲームのために生きています。

この記事ではゲーミングPC初心者の僕が、月々定額(残価設定クレジット)でゲーミングPCを利用できるサービス「スグゲー」を調べて感じたことや気づいたことをまとめました。

  • スグゲーを利用するか普通に購入するか迷っている
  • どっちがお得なの?

そんな方のために書きました。

調べてみた結果、

  • 自分の価値観には個人的にスグゲーは合わない
  • ゲーミングPC環境を揃えるなら自分で調べて買う

という結論になりました。

スグゲーはまとまったお金がないけど今スグPCゲームがしたい人向け

スグゲーは残価設定クレジットの定額サービスです。

同じ期間であれば普通に店舗やメーカーで分割払いをするよりも月々の支払いを抑えることができます。

PC、モニター、キーボード、マウス、ヘッドセットがまとめて送られてくるので、ゲーミングPCのことが全く分からない人でも申し込むだけでスグにゲーミングPCでゲームをすることができます。

「ゲーミングPCのことは調べてもよく分からないし、まとまったお金もないけどPCゲームが今スグしたい」

という方には最高のサービスだと思いました。

スグゲーを簡単に説明してみる

「デスクトップ エントリープラン(2年契約の場合)」を例に解説すると、

残クレ説明
引用元:スグゲー公式HP ご利用金額一覧

  • はじめに、PC、モニター、キーボード、マウス、ヘッドセットを送るよ
  • 2年後の契約満了時にはPCとモニターは返してね。他はプレゼント!
  • 返してもらうPCとモニターは84,000円の価値は残るからその分を引いた金額の分割払いになるよ(残価設定クレジット)
  • でも傷、汚れ、破損などで残価設定分の価値を損なうようなことがあればその分は請求させてね(査定減額)
  • 24時間いつでもPCのことはなんでも聞いてね(Legion Ultimate Support)
  • Xbox Game Pass Ultimater2年分をプレゼント!
  • ※契約期間中の解約はできないよ

こんな感じになります。

返却時の査定に問題がなかった場合、実質金額的には、PC、モニター、キーボード、マウス、ヘッドセットを24万円で購入して、2年後に84,000円でPCとモニターが売れたのと同じになります。

詳細はスグゲー公式HPをご覧ください。

契約満了時の状態(デスクトップ エントリープラン 2年契約の場合)

【契約満了時に購入する場合】

  • 総支払額:240,000円
  • PC、モニター、ヘッドセット、マウス、キーボードが残る

【返却する場合(査定問題なし)】

  • 総支払額:156,000円
  • PC、モニター返却
  • ヘッドセット、マウス、キーボードが残る

【返却する場合(査定問題あり)】

  • 総支払額:156,000円+査定差額分(残価84,000円の30%〜100%)
  • PC、モニター返却
  • ヘッドセット、マウス、キーボードが残る

※査定減額一覧はこちら

査定項目にある「製品のカドや底面に小さいキズやへこみ、汚れ・カビがある」というのがどれくらいなのか分からないのが不安ですね。

この項目の査定割合は30%なので、減額されると25,200円の支払いが増えてしまいます。

スグゲーをおすすめできない人

  • PCのことは自分で調べて解決できる
  • Xbox Game Pass Ultimaterはいらない
  • エントリープランと同じ性能の商品を24万円以下で購入できる
  • 24万円でエントリープラン以上の性能の商品を購入できる
  • PCをカスタマイズする可能性がある
  • 1年以内に売る可能性がある
  • 2年間綺麗に使う自信がない

スグゲーは定額ですが残価設定クレジットなので、制限が多く自由が効かないのがデメリットですね。

自由を少し犠牲にして毎月の支払いを抑えるといった感じでしょうか。

査定のことを考えるとペットや子供がいる部屋で使うことを想定している人は気疲れしてしまいそうですね。

スグゲーがおすすめな人

  • PCのことを調べてもよく分からない
  • PCのことを24時間いつでも聞ける人が欲しい
  • まとまったお金がなく月々の支払いを抑えたい
  • スグにPCゲームができる環境が欲しい
  • キズ・汚れ・破損がないように2年間綺麗に使える
  • 1年以上使うことが確定している

時間と手間をかけたくない方には便利なサービスだと思いました。

1人部屋で査定にひびくことが起こりそうにない環境であれば気疲れもなさそうですね。

スグゲーよりも月々の支払いを抑える方法

  • 36回や48回払いが可能な店舗やメーカーで購入する
  • 利息は掛かるが金融機関でローンを組む
  • メーカーや店舗のセール中に安く買う

ゲーミングPC初心者なので自作は除外しています。

スグゲーは1年と2年の契約しかないのでデスクトップ版であれば最低でも6,500円の支払いになります。

これ以上抑える場合は支払い期間を延ばすか安く購入するしかありません。

金銭的コストよりも精神的コストの方が高く感じてしまう

毎月の支払いは抑えられても、契約満了時の査定で数万円を請求されるとトータルでお得にはなりません。

毎月の金銭的コストを抑える代わりに精神的コストが増えるような気がします。

汚せない、傷つけられない、売れない、カスタマイズできない、譲れない、中途解約できない。

気になる人は気にしてしまうのではないでしょうか。

24万円でどれくらいのゲーミング環境を整えられるか調べてみた

ゲーミングPCのことは僕自身詳しくないので、初心者目線で調べた結果になります。

とりあえず、スグゲーのホームページを見るだけでも、PC、モニター、マウス、ヘッドセット、キーボードがあればゲーミングPCができるということは分かりました。

なので、PC以外のものはスグゲーと同じ物を購入してみます。

Lenovo G25-10 ゲーミングモニター
13,150円(ビックカメラ)
Lenovo Legion K500 RGB メカニカルゲーミングキーボード
13,200円(Lenovo)
Lenovo Legion M500 RGBゲーミングマウス
7,150円(Lenovo)
Lenovo Legion H500 PRO 7.1 サラウンドゲーミングヘッドセット
11,880円(Lenovo)
合計 45,380円

240,000円ー45,380円=194,620円

残りの194,620円でPCを買います。

TSUKUMOとDOSPARAのゲーミングPCブランドと比較してみます。

スグゲー(IdeaCentre Gaming) TSUKUMO(G-GEAR Powered by MSI ) DOSPARA(GALLERIA RM5C-R36T
OS Windows 11 Home Windows 11 Home Windows 11 Home
CPU  AMD Ryzen™ 5 5600G プロセッサー Intel Core i5 インテル Core i5-12400
グラフィックス  NVIDIA® GeForce® GTX 1660 SUPER™ MSI GeForce RTX 3060 VENTUS 2X 12G OC NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti
メモリ 16GB 16GB 16GB
ストレージ 512GB(SSD) 1TB (M.2 NVMe SSD) 500GB(NVMe SSD)
電源 380W/AC 100V(50/60Hz)【80PLUS® PLATINUM】 MSI MPG A850GF 80PLUS GOLD 650W 静音電源 (80PLUS BRONZE)
金額  194,620円 189,800円 199,980円

細かいことはよく分かりませんが、グラフィックボードの性能がスグゲーは劣っている感じですね。

この結果、24万円でゲーミング環境を整える場合、スグゲーを利用するよりも自分で揃えた方がより充実したゲーミングPCが手に入ると言えます。

セール時に購入できればさらにお得に揃えることができそうですね。

スグゲーの本質的なサービス内容

自分で揃えた方が価格を抑えられるということは、スグゲーの月額料金の内容はPCと周辺機器だけではないことがわかります。

「マウス、ヘッドセット、キーボードをプレゼント」

「Xbox Game Pass Ultimater2年分が実質無料」

「Legion Ultimate Supportで24時間サポート」

と言われると得した気持ちになりますが、本質的にはこれらのサービスを含めた内容を定額払いしていると考えた方が良さそうです。

  • PC
  • モニター
  • キーボード
  • マウス
  • ヘッドセット
  • Xbox Game Pass Ultimater2年分
  • Legion Ultimate Support

全部コミコミで24万円(デスクトップ エントリープラン2年契約の場合)。それらを残価設定クレジットで購入するサービス。

まとめ

ゲーミングPC業界だけではなく車や不動産などの他の業界でも言えることですが、知識や経験があればあるほどお得に買い物ができるのは当たり前のことです。

しかし自分が苦手な分野というのはあるので、人によってスグゲーを利用することで感じる価値は変わってきます。

僕自身はなんでも自分で調べて試してみたい性格なので、スグゲーを利用するよりも自分でゲーミングPC環境は揃えたいなと思いました。

ゲームライフを充実させるための参考になれば嬉しいです。